履かないブーツは買取へ!基本的なポイントをご紹介

注意点をチェック

ブーツ

状態を確認しよう

これからブーツを買取業者に売ろうと考えている方へ。買取業者の査定ポイントはしっかり確認されているでしょうか?基本的にはブランドや状態が査定基準となりますが、ハイブランドで状態が良くても、それほど高値で売れないケースもあります。今回は、ブーツを買取業者に出す前に知っておきたい注意点をご紹介します。ハイブランドで品質も良いのに高値で売れないケースとして想定できるのは、「サイズが大きすぎるor小さすぎる」「流行から外れている」の2点です。一般的に、男性であれば26.5?27.5センチ、女性であれば23?24センチのサイズ幅が最も需要が高くなります。そこから大きく外れたサイズの場合、需要が少なくなるので、その分買取価格も下げられてしまう可能性があります。また、今の流行に沿っているかどうかも大きなポイントとなります。流行が過ぎたデザインの場合、需要がかなり低下するので買取価格も低くなります。逆に、ベーシックで流行に左右されないデザインであれば価格はブレにくいでしょう。一般的に、靴の年式が新しければ新しいほど買取価格は高くなります。もう履かなくなったと感じたブーツは、できるだけ早めに買取業者に出品するのが吉です。もう1点、売る時期も考慮した方がベターです。基本的に、季節に合ったアイテムだと高く売れる傾向にあります。冬向けのブーツであれば秋〜冬口に、春向けのブーツであれば冬〜春にかけて売るようにすれば価格アップを期待できます。